SPR工法

概要 

老朽化した既設管路内で硬質塩化ビニル材をスパイラル状にかん合させながら製管を行った後、既設管路と更正管のすき間に特殊裏込め材を充填して、既設管路と一体化し た強固な複合管を構築し管路の機能を再生する工法です。

特徴

  • 非開削で施工できるため、交通規制等が少なく社会活動への影響は最小限となります。
  • どんな断面形状の管渠でも更正できます。
  • 水を流しながら施工できます。
  • 長距離・曲線施工に対応でき、勾配調整も可能です。
  • 施工時間制限にも対応できます。
  • 更正管・裏込め材・既設管を一体化した複合管は、耐久性に優れています。

施工手順 

  1. 事前調査
  2. 製管径の決定
  3. 製管
    spr_1
    spr_2
  4. 浮上防止
  5. 裏込め注入
    spr_3
  6. 取付管口削孔
    spr_4
    (1)取付管より削孔する装置
    spr_5
    (2)既設管内より仕上げする装置

  7. 管口・インバート仕上げ
  8. 作業終了

詳しくは、日本SPR工法協会

ページトップへ