オメガライナー工法

概要 

下水道管材として多くの優れた特性を持つ硬質塩ビ管をギリシャ文字のΩ(オメガ) 状に折畳んで管内へ挿入し、蒸気で過熱することで円形に復元します。その後、圧縮空気により既設管に密着させ、非開削で老巧管路の機能を再生する工法です。

特徴

  • 非開削で施工できます。
  • 加熱のみで円形に復元するため、スピーディに施工できます。
  • 耐久性・耐食性・水理性・水密性に優れた自立管として更正します。
  • 更正材料に有機溶剤を使用していないため、臭気の発生がなく環境に優しい安全な施工が行えます。
  • ロングスパン施工が可能で曲がりや段差にもフレキシブルに対応します。

施工手順

  1. 既設管への引き込み
    o-1
  2. 蒸気加熱で円形復元
    o-2
  3. 圧縮空気により既設管と密着
    o-3

詳しくは、日本SPR工法協会

ページトップへ